目薬(花粉症に効く)で洗う

原因が花粉症の目のアレルギー症状を抑制する成分は数種類あります。クロモグリク酸ナトリウムは、アレルギー症状をおこしてしまうヒスタミンなどの誘発物質を放出を抑えることで(抗アレルギー作用)、目のかゆみや充血などの症状を和らげます。初期治療として向いていて、症状が重くなると効果が薄れるといわれています。この成分を含有している目薬は、藤沢薬品工業の『エージーアイズ AG EYES』 といったものがあります。マレイン酸クロルフェニラミンは、アレルギー症状をひきおこす誘発物質の働きを抑制し、目の充血やかゆみなどをやわらげる抗ヒスタミン作用があります。今、目がかゆくて不快な人や、もうすでに起こってしまった症状をやわらげるのに効果的だといわれています。グリチルリチン酸二カリウムは、抗炎症作用と抗アレルギー作用があり、かゆみや充血などの目の炎症を緩和します。この成分が含まれている製品は、ロート製薬の目薬『ロート点眼薬アルガードa』です。目薬を使う場合は、医師や薬剤師などの専門家や説明書の書いてある通りにご使用ください。>花粉対策グッズの紹介




花粉対策情報



花粉なんか怖くない!スッキリできる8つの方法のトップページ


メニュー


inserted by FC2 system